無料ブログはココログ

最近のトラックバック

音楽活動

2018年10月22日 (月)

いよいよ

カーニバルまでのリハも2回目にして大詰め。

Dscn0808


スケジュールがなかなかうまく合わなかったりで、今回は2組合同でリハさせてもらいました。
完全に私都合m(_ _)m

計3時間半。

あれ?飲んでた時間7時間だった。。。

まぁこれがメインっちゃあメインの音楽活動だしヽ(・∀・)ノ

2018年10月14日 (日)

今年もカーニバル

ずっと辞めていたギターをまた弾くきっかけとなったイベント。
Sちゃんの歌をならっていた時代の師範の生徒の発表会。
もうそろそろ老化の為何回目か数えられなくなったけど、今年もギター弾かせてもらいます。

来月11/11(日) Always梅田です。
詳細はまた後日m(__)m

あと1ヶ月後。。。

なのにまだリハ一回も出来てない。。。

これも全て私が公私含めてスケジュールを上手く消化できていない故

廻りの関係している方々、本当にすいませんm(__)m

って事で今日は初リハ。
今回弾くのは5曲。
多分私が「弾く」とか「覚える」と言う事では全く血が流れていない5曲なので、めちゃめちゃ苦戦してます。まだ譜面 ガン見ですが、これからピッチを上げていきたいと思います。

アコギの新曲って、リハして曲として成立するアレンジが見えてきてやっとリハスタート地点なので、今日果たしてスタート台に立てるか?という所なのです。
(実は今日 ライブ出る方のお誘いがあったのですが、これ出てたら終わってたな)

2018年9月17日 (月)

Kingの後任VoはHagerで

夏休み空け。

相変わらず仕事は休み前のマイナススタートのまま、いまだ状況変わらず。

全然プライベートな時間のとれない生活のまま、あっちゅう間に9月に突入しとりました(・・;)

そしてもうすぐ夏休みから1ヶ月たとうとしている。。。

やっぱり通勤時間に時間がとられる様になったのが一番大きくて、その分睡眠時間だけが削りとられているのが一番影響していると思います。

そんな中,土日大阪リハと本番続きは本当に体力的にきつかった49.5才。。。

 

夏休みの間になんとか曲を仕込んで、そこからリハスタートし、先週土曜の9/8

新企画のSadammy Hager's Van Dahenでの初ライブat えでぃさんの店

 

実は毎年声をかけて貰っている。黒丸Rockもう1!VoN先輩が抜けて、こちらも新たな門出の「それからRockまだ1!」 デビューLIVEの前座だったのでした。

Dsc_0222_2





前回のSadami kingでのLive7月末だったから、KingからHagerに代わって実質は1ヶ月ちょい。キツかった( ̄▽ ̄;)

ライブは随分前に決まってたんだけど。

 

Sちゃんから「そろそろハードロックを歌いたい」と言う声が出て、なるべくkeyの高い歌ものが良いだろうと言う事で、Sammy Hager時代のVan Halenをやろうとなったのであります。

ただ我々鍵盤がいないので、ギターで鍵盤パートを兼ねる必要があり、個人的にはコピーからなかなか大変な作業でした。。。

そして合わせてみると、わかってはいたけど,.あのVan Halen独特の不思議なリズム感。

最初の1拍が無いところから、表と裏がひっくり返って。。。

 

私は1984で聴いたVan Halenから34年のEddieフリーク。しかも変に音楽理論や譜面など考えもせず、そう言うもんだと思って聴いてきたから、違和感なく覚えられたんだけど、合わせてみると 今までそんなにEddieを通ってきていない面々はなかなか苦労してました(^^;

私がうまく説明できないのもあって、結局正解が体に入らなかったみたいで、こっちから合わせに行くような感じになりましたが、別に完コピしたい訳ではないので、これはこれでオリジナリティーみたいなもんだと思うし有りかなと♪

 

やっぱり奥が深い、Van Halen

とにかく難曲だったから、たった1ヶ月の活動期間ではもったいないので機会あればまだ暫く続けたいと思ってます。あくまで個人的な気持ちですが。

 

今回も集まってくれたCちゃん、Aちゃん、D さん。

POPN大先輩と後輩MさんとKちゃんとN君。

我々なかなかバンド以外には会える機会が簡単にはつくれない環境なので、本当にいつも感謝です。

そして今回も声をかけてくれたM大先輩に36さん、えでぃさん。体調悪い中スタッフとして頑張っていたべてぃさん。本当に楽しい一夜をありがとうございましたm(__)m

Dscn0673


Dscn0701


 

って事でこの日のセトリ。

There's Only One Way to Rock

When It's Love

Can't Stop Loving You

Dreams

Best of Both World

Love Walks in

ErouptionYou Really Got Me

Enc, Panama 

Dscn0726

2018年8月 6日 (月)

波乱の天候でした

ちゃんとリハしてのライブは多分昨年の11月以来だからほぼ8ヶ月ぶり。Sadami King
Dscn0590

前の週に一回リハしただけだから、ちゃんとリハしてってほどしてないけど。。。

 

やっぱり距離あるってのは物理的にも、メンタル的にも、あとアラフィフ社会人的にも、なかなか厳しい物があるのは、こう言う環境になるとわかった時から理解はしていたんです。

 

それに趣味でやってる以上仲間の応援にもなかなか行けないのに、自分の時だけは来て来て野郎にはなりたくなかったと言う想いもあり、音信不通になっているのにこんな時だけ。。。なんてのも嫌だったけど、とりあえず自分たちの演奏を観にきて欲しいなんて想いも全然なくて、会うきっかけになればなぁと思って声をかけさせてもらいましたm(__)m

 

そしたらいつもの面々一つ返事で来てくれました(T-T)

対バンのライブだったり、私が次の日の仕事の都合でその日のうちに名古屋に帰らないといけなかったりで、全然ゆっくり話はできなかったんだけど本当にうれしかったです。

Aちゃん、Azちゃん、Cちゃん、そして後輩のMさん、Kちゃん酷暑の中本当にありがとうございました。

37952187_662818390746784_5268873047




 

お店のミュージシャンの方々なんかは、特にライブの機会じゃないとなかなか会えないんで、こんな機会に何に力いれてやってんだかわからない私らに声かけて下さって本当にありがたかったです。Gさんには本当に感謝ですm(__)m

38064102_1098197100336597_585838647

 

そんなライブの数日前、台風が発生して、どうやら当日の移動に影響が出そうだと。。。

しかも今回みた事も無い様な進路で、ある意味祈り通じたのか?名古屋のピークは前日夜中になりそうで良かったのだが、まさかの翌日大阪より西に影響が出そう。。。

ひっつぁんは近鉄がヤバそうだと前日移動。当日はやっぱり午前中は電車停まってて、ナイス判断♪

私は新幹線だったので大丈夫だったけど、大阪以西の方で影響が出れば、大幅にダイヤが乱れるところでした。

ある意味運はよいライブだったのかも知れません。

 

今回のライブは1ヶ月きった所で話を聞いたのと、実は9月に別のライブが決まっているので、新しい事、難しい事はできなかったのと、ドラム無し編成でできそうな選曲って事で30分枠分の曲をを選びました。

基本的にはバンドで演っていた曲ばかりだったんだけど、カーニバルでアコギで演ってみて案外良い感じになったなぁと思っていた2曲とあとは今回の為にアコギで曲になる感じに伴奏とソロを変えてみました。

Dsc_3614

今、仕事で大きな問題を抱えていて、全然余裕がなくて練習不足(っちゅうか殆どやってない。。。)だったんでクオリティは置いといて雰囲気は良い感じに出来たんじゃないかなぁと思ってます♪

またタイミングみてこの活動もできたらと思ってます。

2018年7月15日 (日)

ストラップ


最近は私より人前でアコギを弾く機会が多いSちゃんが、アラベスク模様のギター用ストラップを探していると言うので、楽器屋に行ってはついでに要望のデザインの物を探していた。
今までの経験上、ストラップは大手の楽器店は数は多いがあまり凝った物はなく、特にどこかの工房のオリジナルと言う物は少ない。

色々と何軒か小さな楽器屋を回っていて、言われてた条件のデザインのストラップを見つけては写メをしていたのだが、なかなかズバリその物がない。。。

するとやっぱり今日はネットである。
検索するとかなり良い感じの物に出会った♪
JaJaboonと言う革製品アクセサリー工房のオリジナル♪

そもそもギター用ストラップって、オリジナルデザインにこだわろうと思えばこだわれるし楽器メーカーの物である必要も無いと思っていた。なんなら時間さえあれば自分で作りたいと思っていたのである。

ただしネット販売の難点は質感がわからないと言う事。特に革製品の場合は質感は重要なので、一か八かで買うにはハンドメイドなのもあって少し価格リスクが高い( ̄▽ ̄;)

そんな風に探していたらそこの物で、Sちゃん用にではなく、自分が気に入ってしまったのがあった。

やっぱり質感がわからないのもあって買わずにいたんだけど、今月に入って急遽月末にライブをする事になり、これをきっかけについポチってしまった♪
ストラップ

手持ちのエレキ用はロックピンがついているのと、高校の時に初めて買ったストラップをずっと気に入っていて、いまだにそれを使っているのだが、アコギ用はWM45はストラップピンはつけていないので、ネックにとりつけるタイプだった。
それが逆にアコギ弾きのこだわりのスタイルの様な気がしていて、敢えてそうしていた。
しかしDoveを買ってからはライブはずっと座っていたのだが、買った時からストラップピンがついていたので、それ用に買おうとは思っていたのだ。

このストラップ。ギターを弾かない人には「使い回せばええやん」と思うんだと思うが、これがギターごとにピンの位置が違うので、いちいち高さ調整する気にならないくて本番にすごく弾きにくいって事がギター弾きあるあるで、本当に使うギターごとに欲しいと思ういわば「機材」の1つなのだ。

私はストラップは基本本革と決めているので、今回はデザイン的にもバックルが少し個性もあるし、実際に手にしてみると質感もよくて、使いこめば良い感じになりそうで良い買い物ができたと思っている。
ただアコギ用ならもう少し幅があっても良かったのかもしれないが。
(アラベスクの型押しはSちゃんの条件を探してるうちに自分が欲しくなりましたm(__)m)

あとはこのライブで、ただでさえDoveのロングスケールが厳しいと思っているセトリを立って弾く勇気を持てるか?ではあります(・_・;

そんなライブの宣伝

日時:2018/7/29(日)
         Open: 17:00  Start 18:00
場所:Live&Bar えでぃさんの店
Act :ひまわりブラザーズ
        SADAMI KING
        スゥイートマッシュルーム
Charge:\1000(飲食代別)

ライブとしてはほんと半年以上ぶりなので緊張爆発で演ります♪

最近少しずて大阪旅芸人生活が遠退いておりますので、この機会に少しでも色んな人に会えると嬉しいですm(__)m

2018年5月 7日 (月)

一応完成♪

Dscn03881

やっぱりネックのセンター位置が気になって、もう一度ネックをバラシてスペーサーを組み直して完成♪

仮のネック位置
Dsc_3571

最終
Dscn03891


ちょっとわかりにくいか。。。(^-^;

まだ微調整は必要ですが、これから少しずつ慣らして使えるやつにしていきます♪

一応解説しますと。。。

このボディーをたまたまハードオフで見つけたのが、昨年の7月。
そしてJAKEが使っていた事で一部のオタクでは知られているDuncunのAH-1。アランホールズワースモデル。
もうカスタムショップでしか、新品は手に入らないのでヤフオクでずーーーーと張っててこれも出てきたのが昨年7月。
そしてJAKEのサブギターがCharvelのアランホールズワースモデルなのは一部のオタクではこれまた有名。
Redone
C12197a9




という事で この出会いで当然連想するのはその3ヶ月前に亡くなったホールズワースっぽくしようと思い、コレとソレと アレをかけあわせたような仕様にしたという訳です(^-^;
Allanholdsworthinjapantokyodream3


ちなみにJAKEのメインはこれ
Cb0ff9fbaf63d1c2384af03dbae35425

ネックだけは好みの問題でメイプルにしましたけど。。。

2018年4月30日 (月)

6本目 第5回 ワイヤリング

一応ネックとボディーの接続はOKとしたので、いよいよ次は電装系の配線。
この作業はあんまり途中でやめたくないので、必要なパーツは先に集めておくべし。
組み付けていくパーツたちはこんな感じ。
Dscn0364


今回気を使ったつもりでVolポッドをミリサイズで、ピックガードの穴があっていなかったので。。。
穴を丸ヤスリで広げてからポッドを組み付け。
今回はVolにCTSの500kΩのBカーブ。トーンの2つは250kΩのBカーブにしました。
AカーブとBカーブは音の出方の曲線によって違いがあって、Aカーブは最初は変化が少なく後に急に変化するタイプ。Bカーブは一定のタイプ。
これは個人的にはそれぞれ使う人の好みじゃないかな?と思う。
私は。。。全然こだわりないです。というか使ってみてもあんまり違いがよくわからない。。。
Dscn0365


そして今回のギターの目玉。
リヤのハムバッカー。DUNCANのAH-1♪知る人ぞ知る昨年亡くなったアランホールズワースモデルなのです。
Dscn0366
Dscn0367

このピックアップは既にレギュラーラインナップでは作っていなくて、カスタムショップ製のみでしか作っていないので、逆にこのDuncunのロゴ入りなのがレアではある。

そしてさらに知る人ぞ知るJAKEが”あの”ストラトのリヤで使っているのがこのAH1♪
結構探しまくりまして。。。ようやくヤフオクで出てきて落札した逸品。
それが確か昨年の夏。ホールズワースが亡くなってから出てきたので、少しだけ運命を感じている。←たまたまだけど(・◇・)

Dscn0380

抵抗値は意外にも16.7kΩとかなりのハイパワーなんだけど、噂ではAH1にはSH-1の'59ベースとSH-4のJBベースがあるらしい。これはパワー的には明らかにJBベースだと思いますが、真偽はいかに。。。

そしてこのヤフオクでGETしたJB、直留め用に穴が拡げられていたので、今回はボディー直止めでいきたいと思う。
直留めはハウリングに対しては強いらしい。原理はよくわからないけど、まぁピックガードでぶら下がっているよりはボディーにがっちり固定した方がなんとなく良いような気はする。
ピックアップの下には振動を吸収して高さを調節する為にスポンジを挟みます。
Dscn0369

ただし直留めは高さ調節はいちいちピックガードを外す必要があるので、これはこれでまぁまぁ覚悟が必要ではある。。。
そうそう高さの確認が必要なので弦を本域で貼って調整します。

フロントとセンターのシングルPUは最近の自作ではよく使っているDIMAZIOのSDS-1×2。
Dscn0370

Dscn0372

シングルにSDS-1を使うのは音が好きというより これは完全にミーハーにジェイクが使っているから(・∀・)
音はP90のような音なのでクリーンなストラトサウンドとはちょっと違う。。。

そしてスイッチはCRLの5段です。まぁこの辺はお決まりです。
Dscn0373

そして今回はワイヤリングを1から作らないといけないので、コンデンサーはある意味ストラトではお決まりのオレンジドロップ473J(0.047uF)。これはあんまり詳しくないので店員さんにストラトのシングルコイル用をきいて買いました。
簡単に言うとローをカットする役割です。

Dscn0375

配線についてはスイッチはスイッチの接点を確認して、他配線図を確認しながら配線図をかいて地道に半田付け。
Dscn0387

半田つけ作業は慣れが必要なんですが、なんせそんなにギター作ってる訳ではないのでいつまでたっても慣れません。。。
配線についてもその時は色々配線の意味を考えて理解できているのですが、これが半年もたつとすっかり忘れてしまうので、これからはメモをしっかりとっていこうと♪

AH-1のリード線がかなり短かったので、これを延長したりして何とか仮の完成。
Dscn0381

ラグもハムバッカーの下に打ってます。一応導電塗料もちゃんと通電してました♪

一応この状態で組み付けて、ピックガードもしっかり固定。
弦を張り直して音を出してみました。

今回ノイズ対策に力を入れているので、かなりノイズは減ってる気がします♪
ただそれはラグでHIGHがカットされている部分もあるのですが。。。

あとは通常のギターのような調整で終了のつもりでしたが、なんとかもう少しネックの位置を調整したかったので。。。

もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m


















2018年4月 7日 (土)

6本目 第四回 センター出ない。。。

いよいよパーツを組付けていくだけ!と意気込んでいましたが。。。

その前に、一度 弦を張ってみて、ネックの角度やら弦高がだいたい調整範囲でイケそうか?の確認をしていませんでした。

経験上 コンポギターはここが一番の肝となるような気がします。

割とちゃんとした素性のわかっているネックとボディーであれば、フェンダーのストラト基準での寸法で作られていることが多いので、すんなり組める事が多いのですが、そうではない場合 現物合わせで調整していく必要があるので、ここが一番の難所であるかと思います。

今回の場合はネックはしっかりと素性がわかっていて、大阪のギターワークスで買った新品で、ナットの溝は自分できりましたが、一応他のギターとの高さ厚みは同じでおかしな寸法関係ではなかったのですが、ボディーが謎の中古品なので 果たしていかに。



まずはそのネックを組むために、仮組みで止めていらブリッジを本固定。
今回は軽くアームアップできるようにフローティングにしたくて、フローティング固定用のスクリューを買いました♪
Dscn0248


ネジのクビの下にくびれができていて、ここにブリッジのプレートがハマり、この高さをうまく調整する事で若干のアームアップが可能。(なはず。。。)
アームアップにしなくてもクビレのところで位置が決まるので、しっかり調整すればチューニングは通常のストレートなタイプより安定するそうです。
Dscn0250


しかし 案外長さがながくて、最初から空いている穴では深さが足りなかったので、穴をさらに掘ります。
Dscn0255

収まりました♪
Dscn0257


ただしこのスクリュー、ちゃんと穴あけしてから閉めていかないと、頭に焼入れが入ってないので確実にナメます。。。
これは そんなにしょっちゅう動かす部品ではないと言え、調整する部分なので改良してほしいですね。。。


あとはブリッジを引っ張るスプリングの調整。
普通のタイプのスプリング3本では弱くてブリッジの浮きが収まらず。
かと言って5本かけは折角のフローティングが硬くなりそうなので、手持ちの強化スプリングを真ん中に1本かけていい感じになりました。
Dsc_3572




高さは一枚 センの板で作ったスペーサーを挟めば角度含めて、ブリッジのコマの高さ調整で何とかなりそう♪
今時点で 12Fで 1.5mmのピックが入るぐらいの高さでした。

しかし問題発覚。

センター出てない。。。

Dscn0251

1弦側がネックから弦落ち。。。

という事でここからが、素人には若干の難所。
ネックは素性がいいのはわかっていて、他のギターに使う可能性があるので、ボディー側のポケットを根性決めて削ります。
完成を夢見て♪

今回は一弦側にネックを寄せたいので、1弦側を少し、そしてネックを少し傾ける必要があるので、6弦側の先端を少しだけ薄く削りました。
そして結構な厚みが欲しかったので銅板を入れてみました。
Dscn0252Dscn0253

結構何度やり直して。。。
こんな感じ。
Dsc_3571

まぁヨシとしましょう♪




2018年3月 8日 (木)

6本目 第3回 ピックガード仮組み

その前に。。。
この作業をしに愛車のLBに乗ってきたら、帰りに不動車になりました。。。
原因は アクセルリンケージのロッドのジョイント部分が割れて、アクセルが開かない(;_;)
とりあえずマンションの駐車場に置きっぱでしたが、このままでは車無し生活みたいなもんなので、JAFの積車で実家に運んでもらいました。
1dsc_3543

割と改造車に乗って27年過ごしてきましたが、意外にも初JAF。
まぁ27年会費払い続けているので。
この件は後日レポしたいと思いますm(_ _)m

という事でシンクロストラト製作続き。

今回はピックガードの仮組みまで。
ネックを今回のパーツ。ごく普通のストラトっぽいけど、微妙にサイズが合わない。。。
ネックのジョイント穴も微妙にフェンダー穴とずれてたり、ピックガード穴も11箇所中見事に数箇所が合わない。
ブリッジの両端の穴はあったのでそこを基準にするとネックを組むとピックガードが嵌らないのです(;_;)
つば出し22Fなのでその下に入るかと思いきや、入らずこんな感じ。
Dscn0233

本当なら型紙つくってきっちりと削る位置を出すのかもしれないけど、めんどくさいので目分量と現物合わせで。一応削り過ぎないようにマジックで目安を描いてますが(・・;)
Dscn0232

Dscn0234


一応こんなもでしょうと(・◇・)
Dscn0237


そしてピックガードの穴にこれも現物合わせで穴あけ。
こんな感じで。
Dscn0238

仮組み成功♪
でも写真撮り忘れたm(_ _)m

さてこれからはビシバシ組み付けて行きます!


2018年2月28日 (水)

6本目 第二回 導電処理とネック合体

6本目の自作ギター製作。第2回レポは。。。

導電処理から。
塗料は以前買った水性の導電塗料。3度塗りしました。
Dscn0227

PUのザグリとジャック部を塗ります。

これだけで少し引き締まった感じがします。


次にネックを嵌めてスクリュー締めをしてみると微妙に穴位置があっていないので、穴の開け直し決定(;_;)

Dscn0228


前から空いていた穴は、実は自衛隊ギター3号機に最初つけていて、ヒールレスタイプのボディーだったのでその名残り。
穴位置が近かったら つながってもまずいので埋めたのですが、今回の穴位置とは少し離れていたので、埋めずにそのまま残してあります。
実際に共振したりしてイマイチ具合が悪かったら埋めますが。。。
もしかしたら元のギターに使いまわすかもしれないし。

実はこの時点でまだ部品が集まっていなかったりして、今のうちにできそうな事を。

ピックガードのポッドの穴を持っているCTSのポッドに合わせて開け直し。
今回はミリサイズのもので ボリュームはハムバッキング用の500KΩ、他は250KオームのBカーブを使う予定。
穴は丸い棒ヤスリで地道にテレビ見ながらやりました。
Dscn0229

ピックガードの方も導電処理。
実家に銅テープが余っていたのでそれを使用。
アルミテープでももちろんいいんだけど、今回はあくまでも余っていたからと言う理由。

テープを重なるように貼ってしまうと、両面テープの貼ってあるところは導電しません。
テープの高さ面が断面で繋がるように貼っていきます。
Dscn0230

まだ通電確認してないけど。。。

さて次はピックガードのスクリュー固定穴部に合わせて、ボディーに穴開けから~









より以前の記事一覧