無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

カセットデッキ

何年ぶりなのかわかりませんが(・・;)
CDデッキのトレイが時々開かなくなったので、修理ついでにもう相当年数トレイが開いてくれなかったカセットデッキも修理して、カセットテープから音楽流れてます♪
Dscn1546
このシステムオーディオ 20年前まだ貧乏若手サラリーマン生活バリバリの中、結構なハイレベルでのキヨブタ購入(・∀・)
しかし時代の流れ、今回の修理に当たって、店員さんから何度も「部品の供給が終わってますので、メーカーに見積りをとるだけでも手数料がかかり、結果修理できないかもしれませんがそれでもよろしいですか?」
私「いいです。お願いします」
このやり取りを何回したことか。。。
結局、「CDもカセットも修理センターで純正部品の供給が終わって在庫もありません、いかがしますか?」と聞かれ、
私「純正じゃない部品で直るはずですのでよろしくお願いします」(←めっちゃクレイマーなフレーズm(_ _)m)
店員さん「純正ではありませんので、修理後 保証外となりますが、それでも修理されますか?」
私「いいです。お願いします」(←心の声 しつこいm(_ _)m)
とこんなやり取りの末、預けて1ヶ月。ようやく我が家に戻ってきました♪
しかも9/30までに取りにいかないと消費税10%という事で慌てて。
確かに今なら修理金額と同じくらいの金額で最新の物も買えるし、そもそもこれから何回カセットテープをかける事があるのかどうか?
私も似たような環境の仕事をしているので、合理的にさっさと新品に買い換えて欲しいと言うビジネス的な事はよくわかるが、開発側からすると自分たちが開発した物を愛着をもって使ってくれる事がかなり嬉しい気持ちもよくわかる。
大切に使っていこうとして、修理嫌がられて、引取りに行くのが遅れたら税金まで上がると言うこのタイミングが今の世の中。。。

でも確かに修理に1ヶ月出してても、パソコンがあれば早く戻ってこなくても、困る事がなくなったのは時代の流れですな♪
Dscn1547

2019年9月17日 (火)

我が家の三本のラージヘッド

ヴィンテージ的にはあまり…なのですが…
一括りにラージヘッドと言っても、色々違いがあります。
70557425_1869484949863504_76267922131412
一番手前は74年の後期。前期とはピックアップが違ってこの差で後期は値段がグッと下がります(((^_^;)
前期はマニアが欲しがるスタガートで、後期以降はフラットポールピースになりますが、フラットの方が実践的なんじゃないか?と言う見方もありますが、私は買えなかっただけです。
この後期まではアルダーのボディーのサンバーストがあってこれはそのモデル。でも実は木目が綺麗だからアッシュが欲しかったり…
そしてシリアルNo.もネックには入らずネックプレートに入ります。


真ん中は実は結構なレアモデルだと思う81年に一年間だけ存在したインターナショナルカラーシリーズでこれはそのモロッコレッドと言うカラー。塗装ほぼ死にかけですが…
この時は既にラージヘッドは販売終了してエリートストラトになっていた時期で、ボディー色以外は79年仕様のおそらくフェンダーの在庫売りさばきセール品。ボディーはアッシュで激重です。なのでシリアルはヘッドに入るS9。
あとはケースは意外にもエリートストラト用の樹脂製でエンブレムではなく、型もの刻印。サイズも少し大きくてこれも激重…
でもヴィンテージを扱う楽器屋さんはフェンダーのストラトのハードケースは歴代この長方形なので、非常に保管もしやすくて助かるらしいです。
70225255_1869485133196819_10331025857472 70640555_1869485296530136_52028718212920


一番上の赤はネックだけがラージヘッドの純正でボディー側は私の自作の邪道もの( ・◇・)
何故このネックが欲しかったかと言うと、フロイドローズ仕様に改造してあったから、人と違うギターが出来そうだと思って。
ボディーはヤフオクで買ったMoon製のなんとワンピースのアッシュ♪塗装はホームセンターのラッカー缶スプレー。
ピックアップもリアはレアなダブルアジャストのJBで他はSDS1でマニアならわかるJake配列。
実はこのネック、シリアルがE2でロゴも正真正銘エリート期パターンの82年仕様。で四点留め♪
70307855_1869485019863497_89633341223867
70008947_1869557643189568_16243835350223
正直この仕様のギターを他に一本も見たことがない。
この少し後にフェンダーJAPANが日本で販売を始めてそれがEシリアルなんだけどmade in USAは入らないし、ラージヘッドも出してなかったから、80年代はあまり文献もないのもあって、全く謎のレアネックなのです。
一説にはフェンダーJAPANを始めるにあたってのマツモクかモモセやフジゲンあたりのパイロット品と言う説もあります。
自作の中では結構気に入っていますが、なんせ21フレットなのでなかなか私のやるバンドでは出番がない()

念のため
ラージヘッドのヴィンテージ的に貴重な扱いを受けるのは、全てこの三本の前の時期のもので、With Syn期とスタガートピックアップ期ですm(__)m

こんな事を眺めてニヤニヤしている週末でした(・∀・)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »