無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 祝!初生トト | トップページ | 24年 »

2019年3月11日 (月)

JK1000 ジャック交換

高2の時に喫茶店のバイトで貯めたお金で買った私の2本目のギターです。
Dscf2509


当時はLA-METAL全盛で、ワンハムにフロイドローズというのが憧れでした。
中でも本物のドイツ製のフロイドローズがついていたというのがポイントで、しかも憧れのEDDIEがエンドースしてたギター♪
時給460円の高校生、めちゃめちゃバイトして買いましたよ。

結局一度ギターを辞めたのが22歳だったから5年間しか使っていなかったんだけど、大学時代はこれ1本を愛用してました。
今考えるともっと長い間使っていた気はするけど、大学時代だったからその分密度濃く長い時間触れていたのかもしれない。

それからは29歳くらいまではギターを弾くことは全くなくて、ただひたすら 愛車LBに嵌っていました。

その後 またギターを弾く機会は増えましたが、結局 このギターはあまり登場する事もなくなったのですが、私にとっては思い入れのあるギター。

昨年の秋 VAN HALENのカバーBANDをやる事になったので、久しぶりに使おう!と思って音を出したら、ジャックのガタで接触不良。。。
予備のジャックもなくて、交換する時間もなかなかなくて結局そのまま使われる事はなかったんだけど、やっと少し時間ができたので ジャックの修理。おそい。。。

作業自体はなんて事のない作業なんだけど、KRAMERと言っても JAPANのESP製だった事をすっかり忘れていた。
ジャックはミリでした。。。
Dscn1085

よく考えてみるとこのギター ジャック交換したの初めてで、普通になんの迷いもなく 今回サウンドハウスで買ったのはSWITCH CRAFTはインチ。。。
Dscn1087



嵌まらん。。。
Dscn1038




って事でヤスリで削ります。
Dscn1039

嵌りました(・◇・)

でもシルバーのナットがイマイチなので、黒くスプレー
Dscn1109

でも台座のワッシャー塗るの忘れた(・・;)
Dscn1110




まぁ ええか。。。
Dscn11191

次はフレットの打ち換えだな。

老後かな。















« 祝!初生トト | トップページ | 24年 »

音楽活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JK1000 ジャック交換:

« 祝!初生トト | トップページ | 24年 »