無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 村民集会2019 | トップページ | SAKURA GASANE »

2019年2月15日 (金)

Loop Switch接触不良

以前作ってみたLoop Switch。

出来るだけスペースをとりたく無かったので最近流行っている小型サイズのケースにしたのだけど、ど素人が、作業スペースがない小型ケースのものを簡単に上手く製作できるはずもなく、予想通り調子が悪かったので。。。
ここにきてやっと少し時間ができたので修理してみた。勉強がてら(・∀・)
写真の説明はありません。

思い当たる所はたくさんあったけど、中をあけてみると調子の悪かった原因は2つもあり。。。自分の作業の拙さを実感(+o+)
となりの端子との接触でショートしてた所とジャック自体の精度不良。

大阪時代にお世話になっていたton● garageという工房で教えて貰った事があるのだが、Switchcraftが好まれるのは丈夫だとか耐久性が良い訳ではなく、精度が良いという事らしい。
それにオス側にSwitchcraftを使っている確率が高いので、メス側にもSwitchcraftを使った方が合わせの精度が良いという事だそうな。

と聞くとSwitchcraftじゃなくても極端に摩耗に弱い訳ではなさそうなのと、今回は初めて作るのもあって、大須のアメ横の電機パーツ屋で安く買ったのが1個ハズレた形。
手持ちの新品ジャックと較べてみると、シールドを挿しても全くクリック感もなくて、ちゃんと見てみるとジャックの山を乗り越えてなかった。。。
写真の説明はありません。


新品に交換しようかとも思ったけど、一応これも新品で勿体ないのでコンタクトバネを手で曲げて正規の位置でジャックに接触する様に調整して修理終了。いずれ開いてくるんだろうけど。

今回学んだのは、こう言った精度のいる部品は新品に交換しても確認と調整が必要。
画像に含まれている可能性があるもの:靴、ギター



そしてこの歳になると楽器工作趣味も、ハズキルーぺが作業道具として必要だ(((^_^;)

« 村民集会2019 | トップページ | SAKURA GASANE »

音楽活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Loop Switch接触不良:

« 村民集会2019 | トップページ | SAKURA GASANE »