無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 幸せごはん | トップページ | 2019年 初スタジオ »

2019年1月12日 (土)

位相調整

今更ですが 年末の作業日記。

春先に自作したストラト。

イマイチPUのバランスが悪くて、殆ど弾いてなかったんだけど、どうやらハムバッキングの位相が逆だったみたい。。。改めてテスターでチェックして数値の動く方向は合わせましたが。。。


最初は配線図通りの接続したんだけど、ディマジオとダンカンの違いだからなのか?はたまたこのAH-1、今はレギュラーで作ってないのでネットでようやく探し当ててGETしたんだけど、コイルタップにして配線も変更してあったんでそのせいか?いまだ原因はわからずの状況。
PUは通常の配線に戻して、プラスマイナスを逆に繋げて少しは音量差はマシになりましたが、やっぱりまだ少しリヤの音が小さい。特にマーシャルの2061HWだとリニアに反応するからか?差がわかりやすい。
Dscn0916

Dscn0917

最後の写真の3本とも全部フロントとセンターはディマジオのSDS-1とCTSの500kオームのポットなので条件は同じで、ハムバッカー違い。フロントとセンターの差は3本それほどない。コンデンサーの違いが音に現れてるくらい。

一方リヤハムは、赤白がJBのダブルアジャストポールピース、迷彩がギブソンの80年代のダーティーフィンガーズ、そして今回はようやく手に入れたレギュラーラインナップのアランホールズワース。
Dsc_0305

確かにこのAH-1が一番パワーはないはずだけど、ジェイクと全く同じ仕様にしてるのはこの組合せ。
ジェイクのギターが元々フェンダーの70年代初期のストラトだから、250kΩにすると解決するんだろうか。。。

今日は久しぶりギター三昧の一日でした。弾いてないけど(・◇・)



« 幸せごはん | トップページ | 2019年 初スタジオ »

音楽活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512922/67583755

この記事へのトラックバック一覧です: 位相調整:

« 幸せごはん | トップページ | 2019年 初スタジオ »