無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 1/9100 | トップページ | 名古屋クラシックカーミーティング2018行ってきました »

2018年11月 2日 (金)

40代最後の人間ドック

という事は50歳に向けての人間ドックなのである。

私は32歳で神奈川県に転勤してから、人間ドックと言うものを受け始めた。

今となってみるとなんだかんだ言っても人間の体というのは歳相応にできているのだと思う。

40歳になるまでは、はっきり言って何も引っ掛かかることはなかった。
むしろ30代の後半になると、医者からは「30代半ば過ぎると色々出てくるんですけど、中性脂肪も少ないし、このまま頑張ってください!」と言われた。

その言葉どおり、その頃は大阪にきて管理職にもなる前で、会社も外資が本格的に入ってくる前だったので、仕事もそこそこにどちらかというと、大阪にきて復活したギターのお陰の付き合いで飲み歩く時間が多く、また良いのか悪いのか?後輩に新地でバーをやっている者がいてそこに夜な夜な出向いて始発で帰るような生活をしていて、そんな不摂生な生活の割には体調は良好だったと思う。

それが40代に入ると管理職になったことと、会社の経営が大きく変わり、色んなおかしなことが怒涛の様におきて 会社にいる時間がやたら多くなったこと。
この時 本当に色んなストレスにやられていたんだと思う。
アレルギーの皮膚病がひどくなってきたり、胃潰瘍になってみたり、全然惹かなかった風邪や熱を出すようになった。
ただこれはストレス的なことだけではなくて、お酒を飲むと眠くなるようになったのも40歳になった頃zzz
この頃だったと思うけど、少し増えたような記憶があって、前はやせ型だったのが 平均的な体型にもなってきた。

そして46になって名古屋にきて、生活環境が変わったのもあるのかもしれない。
人間ドックでは結構色々引っ掛かるようになってきた。。。
一番やばいと思ったのは眼の神経。そして 少しずつ悪くなってきたアレルギーの好酸球値が一気に吹き出した感じ。
腎臓の石だったり、検査項目に色々と*印が付くようになった。

自分では気持ちや 好きなことは 20代の頃から変わっていない気がしているので、やっぱりこの辺りになると人間ドックなかなか凹む。。。

そして今回、つまり40代最後の人間ドック。
体重が年々少しずつ増えているのは きっと若い頃につけた筋肉貯金が落ちて代謝が悪くなった、まさに抗うことのできない年齢的なものだろう。
今回も微増。。。食べてる量は減ってるんだけど、やっぱり相当な運動をして代謝量を強制的にするか、筋トレを本格的にやって筋肉量をつけないと維持するのはムリなんだろうなぁ。
さすがに先日病院に行って注射してもらったのもあって、好酸球の値は少し低くなった。と言っても2年前よりまだ高いけど。
今回は血圧が高かった。今まで生きてきて血圧が高いと言う環境に一度もなったことがないので、正直少しビビっている。
高くなったと言っても、引っかかる数値ではなく 一般的には普通なんだけど、今ままで普通にも満たない血圧だったので、これが 50代への普通の体の変化なのか?それとも異常があるのか?少し様子をみなければならない
いずれにしろ 色々気をつけなければ行けないことは年々増えるのだけど、それで我慢だらけでつまらない生活はしたくないな。

« 1/9100 | トップページ | 名古屋クラシックカーミーティング2018行ってきました »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40代最後の人間ドック:

« 1/9100 | トップページ | 名古屋クラシックカーミーティング2018行ってきました »