無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 最後の晩餐 | トップページ | 今週は新幹線づくし »

2016年3月26日 (土)

ロックピン研究

いよいよ、色んな事 尻に火がついてきました。。。
なのにブログ(^-^;

最近よく見るようになったロックピン。
Dscf2644




「Parksons」という韓国製です。いわゆるシャーラータイプですが、本家のシャーラーと較べて半額くらいなので、互換性や違いについて気になっている人もいるかと思うので、較べてみた違いを列記してみます。ご参考に。

Dscf2645



写真向かって右側が「Parksons」。左側のシャーラーの方は刻印入り。MADE IN GERMANYです。ばねで飛び出してくるピンの頭の形状がシャーラー製はフラット。Parksonsはテーパーがついています。なのでParksonsの方が山が高くなっている分引っ張りしろが少し必要ですが、バネの力を同じとすると少し力が必要。逆に強力と言えるかも。


Dscf2646



写真向かって左側のシャーラーの方はナットが1つだけですが、右側のParksonsの方はダブルナットになっています。
結構このナットは気がつくと緩みやすいので、実は価格も安くてロック感も強く、ダブルナットになっているParksonの方が良いかも♪...
無くしてももう1個あるし♪

そんなに金属加工精度もいらないだろうし。
シャーラー製 Parksons製どちらに対しても もちろん互換性はあります。

あくまでも私の個人的見解ですので、自己責任で違いの参考としてください。


さて今日明日は追い込みだ。。。

« 最後の晩餐 | トップページ | 今週は新幹線づくし »

音楽活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロックピン研究:

« 最後の晩餐 | トップページ | 今週は新幹線づくし »