無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 立ちっぱ | トップページ | またまた演ります 焼鳥部 »

2016年1月23日 (土)

SBL @三茶ヘブンズドア

よく考えたら初の東京遠征でのライブ観戦。

私が関東にいた計6年は殆ど音楽とはカラオケ未満しか縁のない生活だった。唯一行った事あるのは、日本青年館でのインギーのライブだから遠征してってのはもちろん初めて。

実は翌日の月曜に群馬県は高崎の出張があったので、たまたま日曜の晩にタイミング良くSBLのライブがあるから、滅多にない機会だったし、最近は征史さんなかなかツアーで来ないしって事で遊びに行く事にしたのだ。

と言うと遊びの事しか考えていないようだが、実はその日の夜中から雪の予報があって、次の日の新幹線の心配を潰してとりあえず先に東京に着いておきたかったと言うマジメな側面もあるとか無いとか。

関東にいた6年間に三軒茶屋には一度も行った事はないので、ライブハウスが割りと多いここに一度行ってみたかったのもある。

この日の企画は、征史さんのお弟子さんのバンドとハコとの共同企画イベントでお店で売っているTシャツの絵を書いている絵描きさんが、出演バンドの演奏からインスピレーションを得て即興で絵を描いていくと言うパフォーマンスもされていて、さすが芸の道を目指して人が集まってくる東京だと感じるのである。
またそういう人たちをサポートする環境も多いのだろう。
Dsc_2884



でそのSBLのLIVE。

2ヶ月ぶりにステージに立ったそうで、このステージ前のリハが久しぶりだったらしい。
持ち時間が30分だったのもあって曲数は少なかったけど、とは言えこの難曲揃いだからやっぱりすごいし。。。
Dsc_2880




やっぱり三宅さんのギターは良いなぁ。。。
私はジャパメタに詳しくないから、テラローザ時代は全然しらなくて、征史さんが大阪に来た時に初めて三宅さんのPLAYを観たのだけど、楽器が鳴ってると言うよりは、生き物が鳴き叫び歌う様なPLAYを生で体験して、かなりの衝撃を受けた。
こんな凄い人いるんだ。。。と思いすぐに新譜を三宅さん本人におねがいした。

昨年はサークルの同窓会に来て、LIVEしてもらったり とにかく生で近くで見れる機会もあったりで、実はここ数年の中でのギタリストで私に最も影響を与えたのが三宅さんかも知れない。
もちろんあんな凄いPLAYは夢のまた夢なのだが、チョーキングとビブラートの魂の入り方は本当に憧れるしあんな風に弾けるようになりたいと本当に思う。

いやぁ ギター まだまだだなぁ。。。当たり前か。。。



そしてLIVE後 色々お話をさせてもらい、ホテルに帰ったのだが。。。

まさか翌日 あそこまで大変な目にあうとはね。。。

« 立ちっぱ | トップページ | またまた演ります 焼鳥部 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SBL @三茶ヘブンズドア:

« 立ちっぱ | トップページ | またまた演ります 焼鳥部 »