無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« カーニバルvol.11 終了♪ | トップページ | 12/19のライブの宣伝です »

2015年12月10日 (木)

エンジニア魂

12/6の日曜日、ベーシストとしてS先生が参加しているジミーレオグループのライブに行って来ました。

Dsc_2823_2

場所は4月にPOP研同窓会があった本町Cross Beat

 

思い起こせば、一年前の同日同場所12/6にもジミレオライブで、ここCross Beatでした。

 

その時に初めてスタッフとして、照明係とPOP研先輩のNさんのPAのアシスタント を体験したのですが、思っていた以上に大変で。。。

と言うか音響・照明と言う物を軽く考えすぎてたんですね(^_^;)

 

照明については曲も知ってたし、後半に進むにつれ、ゲーム感覚で楽しくなり、それ以降ライブにいくと照明にも気がいく様になってきたのですが、PAについては興味はあるものの素人が手を出せないと確信(^_^;)

 

今回は受付嬢ならぬ受付オヤジ兼照明&音響アシスタントと相成ったのであります。

今回一緒にハコの隅っこで一緒にスタッフワークさせてもらったTさん。
なんとジミヘンやツェッペリンのアルバムのエンジニアをしていた超有名プロデューサーのスタジオで働く方(日本人です)。
色々とお話させてもらったのですが、脱サラしてそこにいきなり飛び込んだんだとか!
今はたまたま帰国していて、また年明けには別の国で仕事なんだとか。。。

昨年もそうだったのですが、リハはお客さんが入っていないのも影響するのだろうか?バンド側からモニターの出音で色々と注文が出て結構ピリピリムード(゚ー゚;
照明は気楽なもので、曲の展開を大まかに覚えておけばあとは曲の雰囲気とスポットを当てるところだけ気をつけておけば良いのですが。。。

音と言うのは眼に見えないだけに、音の渦や流れがどう動いていくか?をコントロールしてやるんだとか。。。
そして機材の性能を見極めて使ってやる事なんだそうだ。。。
性能にない音は出せないんだから、当然と言えば当然なのかもしれないが、それを聞き分ける力がまずは問題なのだ。。。

実際に初めてのハコで、初めての機材でこれをコントロールするんだから、すごい話だ。
私なんてPAブースで観てたら、どれが派ハウってるんだかさっぱりわからないし。

こんな恵まれた機会滅多にないから仕事っぷりを盗んで帰るぜぃ!と思っていたが、基礎がないから盗みようがない(^-^;

ただ思った事は、自分の良いと思う音の環境を作っていくのではなく、如何にバンド側が要求する様な音環境を作り応えて演奏してもらうかに終始徹していたのが、本当にプロの仕事だと思った。
Dsc_2824




リハのピリピリムードとは違い、ライヴが終わった後は本当にPAとバンドのLIVEを作り上げた一体感みたいなものがあったのがすごく印象的でした。
照明はあんまりそういう立場にはなれていなかったと思うけど、それでもバンドメンバーと最後にスタッフとで記念写真を撮ってもらえた。
メンバーが私が高校生の雲の上の憧れの世界の人たちだったから、そんな人たちのLIVEのスタッフとして、少しでもLIVEを作り上げると言うところで貢献できてたとしたら こんなに嬉しい事はないのだが。。。
まぁ実際には私は単なるお手伝いで貢献というほどではないので。。。


 

 

« カーニバルvol.11 終了♪ | トップページ | 12/19のライブの宣伝です »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジニア魂:

« カーニバルvol.11 終了♪ | トップページ | 12/19のライブの宣伝です »