無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 6回目も楽しいセッションでしたね | トップページ | イナーシャブロックを換えてみる »

2015年7月 9日 (木)

F子先輩のLIVEに行ってきました。

メタルセッションから6日後の日曜日。

大学時代のサークルのFコ先輩のライブに行く。

 

私なんかは、5月末のライブと先週のセッションが終わって、すっかり人前でギターを弾くモードから離れているが、完全にスイッチオフするのは何となく寂しくもあり、ちょうど良かった♪

この日はS先生のジミレオのLIVEとも重なっていて、色々と世話になっている身としては、応援に行きたかったんだが。。。
こういう風に普段良くしてもらっている人付き合いの関係で予定が重なると本当に辛い。
逆の立場ならやっぱりね。。。

大学時代こういう人付き合いが煩わしくて、音楽から少し距離を置いた前科もある。
特にその頃は今よりも厳しいチケットノルマが絡んでた時代やったしね。

会場に着くとセッションで知り合った「止まると死んでしまうギタリスト」がいて、その後4月の同窓会で3曲一緒にぶっつけ演奏をした大先輩がいて、しかも何故かその大先輩は別のセッションでその止まると死んでしまうギタリストと知り合いで。。。
しかもその先輩も同窓会があったから知り合った訳で。。。

と考えると 大阪に来て 一度は完全に辞めたギターをまたなんちゃってで始めて、そのお陰で広く人と付き合うのが苦手な私が色んな知り合いが出来た事がとても大きい。

そもそもF先輩も大学時代は雲の上の先輩だったけど、同窓会で話をして たまたま菅沼孝三さんのセッションの話を聞かれて誘ったから、割と親しくして貰うようになったのだ。

大阪に転勤で戻ってもう9年半になるのだが、ギターを弾いていなかったら私は今頃どんな生活をしているのだろうか?とも思う。

時間に余裕もあって 婚活成し遂げてたんかな。。。

とても音楽の人を繋げる力と、不思議な縁を感じるLIVEでもあった。


そんな事はさておき、本題はF子先輩のLIVE。
フロントマンが女性だからと言うのもあるのかもしれないが、とっても華がある♪
パフォーマンスも演奏も。

曲としては洋楽のR&B、ソウル、ファンク、70年代ぐらいだろうか?のカバーなのだが、さっきも書いたが、パフォーマンスに華があるので、カバーと言う事を忘れてしまう。

こういうパフォーマンスに華があるバンドって、オリジナルでもきっと見ごたえあるんだろうな♪と思う。オリジナルをやることがカバーより優れているとは全く思わないが。

逆にパフォーマンスに華がない、なんだかわざとらしい演者のオリジナル攻撃はこれほど見ていて辛いものはない。

まぁ そんな偉そうに批評家の様な事を言える知識もセンスも技術もない訳で、そもそも本人に意味があれば良いと思うし、あくまでも私の個人的な考えなのであしからず。

知人だし、ブログだからって社交辞令の褒め言葉じゃなく、すごく魅力あるパフォーマンスでした~♪


Dsc_2654

« 6回目も楽しいセッションでしたね | トップページ | イナーシャブロックを換えてみる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F子先輩のLIVEに行ってきました。:

« 6回目も楽しいセッションでしたね | トップページ | イナーシャブロックを換えてみる »