無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 今年も弾き納めました | トップページ | ライヴ観戦キャンペーン中 »

2014年12月 2日 (火)

おすすめの食べ方

先日、お初天神を抜け、とある場所に向かう途中、どこで晩飯を食おうか?と物色していると、入った事の無いラーメン屋を発見したので、あまりそう言った好奇心の無い私には珍しく入ってみる事にした。

性格的に新たな発見とハズレのリスクを天秤にかけると、どうしてもハズレをイメージしてしまうので、そう言ったバクチ的な店選びはしない方なのだ。
昔、ある番組で千原ジュニアが言っていた『一食たりとも外したくない』とは鼻息の荒さは違うが呼吸法は同じ。

だからこだわりの店は大当りか空振りかのどちらかになる事が多くて、ついチェーン店的な店か、行き慣れたいつもの店となってしまうのである。

その店は新しい店らしく、夜21時過ぎの繁華街としては決して繁盛しているとは言えない状態。

一人で入ったのもあり、テーブルではなくカウンターに案内された。

店選びで冒険した上に、あんまり私の文化にはないその店イチオシらしい『つけ麺』を頼んだ。

そもそもその日は昼飯も食べそびれていたので、空腹の絶頂にあったのだが。。。

そのお店拘りの麺は出て来るのに少々時間がかかった。
そして店員さんが言う。
『オススメの食べ方をご存知でしょうか?』

私の心の声がこう返す
(知らんがな。腹減ってるしもうええから)

しかしカウンターで店員3対1の私は逃げられずそのオススメの説明を受け入れる事になった。

これが結構長い。。。

結局、説明を聞き一旦は受け入れそれを行動に移してみたものの、チビチビとして食べてる気がしないので、オススメの食べ方は棄権。。。

人によってはこう言うオススメは有難い知恵であり得した気分になるのだが、その時の私には全く有りがたくない押売りだった。

サービスや宣伝とは得てして、この様に表裏一体の状況にある事が多く、きっと私はこれをきっかけにそこに行く事は無いと思うのだが、これがツボにはまったのであれば、リピーターとなるのだろう。

こう言う事の正解は1つでは無いので、これはあくまで私がその時に感じた、ただそれだけの事だが、私には教訓となった出来事だったのである。
仕事でも私生活でも。

これを読んだ人もきっとそれぞれ思う所、感じる所あると思うので、是非とも話半分以下で読んでいて欲しい所ではある。

« 今年も弾き納めました | トップページ | ライヴ観戦キャンペーン中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おすすめの食べ方:

« 今年も弾き納めました | トップページ | ライヴ観戦キャンペーン中 »