無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 京都観光からのジミレオ(後編) | トップページ | 44MAGNUM 梅田クアトロ »

2014年10月 5日 (日)

豊後きのこカレー

先日行った九州は大分県中津市。
からあげの事を熱く語ってしまったのだが、30分置きに出発する特急待ちの間に、何か良いお土産はないだろうか?と思い駅前のお土産売り場を物色して時間をつぶす。

からあげものや黒田官兵衛もの、福沢諭吉ものなどは色々ある。ビスマンやザビエルなども有名なので、その辺はスルー。

今まで当然置いてあったと思うのだが、今回初めて気がついたのが「豊後きのこカレー」
Dsc_2402

なんと言っても「大分の顔」らしい♪今まで気が付かなかったが。


一応 細々とカレー部活動も続け駅の売店、高速のサービスエリアなどで、少し珍しい物は大体購入している。ただしレトルトなので、なかなかタイムリーに食べずに置きっぱなしになっている場合が殆どなのと、味音痴のせいで期待していたほどの違いがあった場合が少ないのでなかなかレポートにまではならない。

味についてはきっとカレーにうるさい人ならわかるのだと思うが、そもそも私のBESTカレーはトップバリューのビーフの入っていないレトルトカレーがベストだと思っている程度の舌なのでなかなかこれだっ!と言う物に出会わない。。。

今回の物もこれだ!ってほど衝撃を受けた訳ではないが、お土産物によくあるサラサラなカレールーではなく、結構ドロっとした家庭風なのがよかった。

さすが1907年創業の大分県椎茸農業協同組合、107年の歴史なのだ。
つまりきのこと言っても少し小ぶりな椎茸がまるごと入っているのがなかなかよかった。
しいたけ嫌いな人には全く興味を失う話だろう。。。
大分県は乾椎茸の生産量は日本一らしい。
ちなみに椎茸の事を大分では「なば」と言うプチ知恵袋付き。

今っぽい?カレーでは無いカレーが好きな人で椎茸嫌いではないなら、割とおすすめカレーの様な気がします。

JR中津駅改札前の売店のあまり目立たないとこにあるので、気になる方は頑張って探してください♪

« 京都観光からのジミレオ(後編) | トップページ | 44MAGNUM 梅田クアトロ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊後きのこカレー:

« 京都観光からのジミレオ(後編) | トップページ | 44MAGNUM 梅田クアトロ »