無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« やるせない | トップページ | 本質外の話 »

2014年4月 6日 (日)

生JEFF BECK

昨日は初の生ジェフベック at 尼崎アルカイックホールでありました。

昨日のLIVEは実は追加公演で、当初の大阪は何でも発表と共に瞬殺だったとか。。。

先日クラプトンも来ていたので、所謂世界の三大ギタリストのうちの2人が、2014年になって3ヶ月ちょいの間にすでに2人来ていると言うとてもすばらしい事になっている。

クラプトンも観ておきたかったな。。。
さすがにこのクラスのギタリストになると、本当にマニアクラスの人が多くて、PLAYスタイルもモロに影響を受けている人も多く、私なんぞの本当にアルバム数枚を聴いていただけの者で、しかも基本ハードロック好きの者にとっては 相当普段観に行くLIVEとは異色のLIVEである。

尼崎アルカイックホールは、数年前にWHITESNAKEを観て デビカヴァが殆ど声が出ない+ヘビーな音の反響がすごくて何演奏してんだかわからない。。。と言う少し残念な印象しかなかったのだが、流石にJEFF BECKの様なモダンJAZZの様なインスト音楽は聴きやすくて良かった。
Dsc_2285
今回は殆ど宣伝していないんではないか?と思うくらいにポスターも殆ど貼っていなかったのだが、さすがにJEFF BECKフリーク。大勢集まってました。
やっぱり音量が聴きやすいと言うところもあって家族連れみたいな人が多かったです。

しかし曲が難しい。。。
インスト曲で、変拍子。。。
ギターだけでなく、ベース、ドラムと全てがすんごい難解で。。。
LED BOOTS、ジミヘンのLITTLE WNG、CAUSE WE’VE ENDED AS LOVERSなんかの知っている曲が簡単に聴こえてしまうと言う錯覚に陥るのだ。
だから実はLED BOOTS 実は簡単に弾けるんじゃないか?って思ったりして。。。

SCATTER BRAIN 聴きたかったけど、残念ながら演りませんでした。
Dsc_2289

JEFFといえばフィンガーピッキングしながらアームを抱え込む独特のスタイルなのもあって、同じギターPLAYと言っても 何だか別の楽器を弾いている様な感じがしてしまうのだ。

初生JEFF BECK体験は、テクニックもスタイルも異次元過ぎて、普段のLIVE観戦の興奮とは違う感覚のLIVEでありました。
もっと落ちついたギタースタイルになったら、ここにたどり着くのかな?

« やるせない | トップページ | 本質外の話 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生JEFF BECK:

« やるせない | トップページ | 本質外の話 »