無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 自然体である事 | トップページ | 戦う人々 »

2013年7月 7日 (日)

TOKYO GUITAR SHOW 続き

生LANDAUの事を熱く語ってしまったので、後は会場探索編であります♪

早速、先日の感動のEDDIEのPLAYのタイミング良く「EVH」ブース。

Dscf2107
EDDIEと言えば、赤白のイメージが強いんだと思いますが、赤白の「フランケン」ならやはりFENDERが限定で出したモデル(絶対買えないけど。。。)、「5150」ならKRAMERと思ってしまうのです。。。EVHこそ 本家EDDIEプロデュースなんですが。。。
EVHならデビュー当時の白黒か、バンブルビーが良いですね〜♪
EVHアンプは案外プロでも使っている人多いですよね。マイケルジャクソンのサポートで有名になった「オリアンティー」とか。

そして実は気になっているブランド「GUILD」

Dscf2108Dscf2125

「GUILD」と言えば、アメリカンな作りのアコギが有名で、私はRATTのロビンが「BACK FOR MORE」のイントロで使っている12弦で知りました。そこからいつかは1本と思っているブランド。
先日 名古屋で生で観た森恵さんも使っていて、(やっぱ かっこええなぁ。。。)と、またさらに欲しい熱が高まっている1本。
実はこの翌日、ここで森恵さんの出演だったんですが、今回は泣く泣く帰りました。。。

GUILDってこんなGUITARも作ってたんですね〜♪
Dscf2109
ホローボディーのBIGでアメリカンな感じが良い味してます♪♪

そして「FENDER CUSTOM SHOP」ブース
Dscf2115
今時な感じです。キルトトップってどうしても近代的な感じがしてあまり好きではないのですが。。。芸術的で飾りたくなります。この後 マスタービルダーによるギター製作のデモンストレーションがありました。
コンポギターマニアとしては見逃せないイベントでしたが。。。人が多すぎて全然手元が見れませんでした(泣)。。。

そしてお待ちかね「MARSHALL」ブース♪
大迫力の3段積み♪♪♪これを見ながら、ギター並べてお酒飲みたい感じです。
Dscf2111
何でもGUNS’N’ROSESのスラッシュモデルの15Wのフルバルブコンボが出たらしく、試奏してきました。写真撮り忘れましたが。。。
さすがフルバルブって感じの奥の深い響き。やはりスラッシュモデルと言うこともあって、どちらかと言うとディストーションの歪方の色の付け方に力点を置いている感じ。
私はどちらかと言うと ずっと愛用しているTS-10の歪の味を出す為に、真空管のクリーンな響きがベースとして欲しいと思うので、クリアトーンでの真空管の響き方の深さが欲しいというか。。。やっぱりこの画面左隅にちょこんと置かれているエスマルで愛用の2061X HWが最高ですね〜♪

あとはこんなのも。
Dscf2124
大きさが比較出来ないのでよくわからいかもしれませんが、これウクレレです。ギタレレか?
このブースでJIKKIさん発見。遠い縁も無いのでさすがによう声かけません。。。

あとは私の大好物。VINTAGE物。
神奈川の厚木に何度か見に行った「GUITAR TRADERS」ブース。
この店に行くと(ある所にはあるもんだなぁ。。。VINTAGE。。。)と感動します。
画像は56年だったと思います。ハムバッキング前のP90レスポール。やはり58年に比べると1桁安いですね
Dscf2110

これは名古屋のVINTAGEで超有名 「NANCY」のブース。
Dscf2114 Dscf2113
やっぱりこれも58年以前のP90。300万円コース。。。さすがに58年はこう言う所には持ち出せないですね。黒のCUSTOMかっこええなぁ♪♪♪

このブースで元マルコシアスバンプの秋間さん発見。そして その付近で元TERRA ROSAの三宅さんも発見。お二人共 先輩の征史さんと活動している方なので、もしかしたら来てるかも?と思いましたが来てなかったみたいで会えませんでした。。。

ブースとしては眼を惹かれたのはこんな感じ。
ギター見るのも楽しいですが、プロの方を発見できるのもちょっとミーハーに楽しい感じでした。
他にもこの日の「FENDER SHOW CASE STAGE」で、最近少し話題になっているOKAMOTOSのベースのダウンタウンの浜ちゃんの息子も少しだけ観ました。
何でもFENDERのSIGNATUREモデルが日本人ベーシストでは初めて出たとか。
でも私あんまり知識ありません。。。

そしてトリは高見沢俊彦氏。STAGEは観てません!!!(キッパリ)
Dscf2130
がLIVE後の会場で 氏の自慢の所有物のFENDER達。確かすんごい数のコレクターなんですよね。気になるのは白のラージヘッド。完全にジミヘンと同じ風。やっぱ69年の本物ですかね?そうでしょうね。。。うらやまし。。。

会場はどうみてもギター好きじゃない感じの人達だらけで、この写真撮るの勇気要りました。。。よく頑張ったぞ、heto!

しかしこのブログもそうですが。。。客観的に 私 ギター馬鹿ですな。。。
そら独身やわ。。。

« 自然体である事 | トップページ | 戦う人々 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

GUILDって、GIBSONに吸収合併されたEPIPHONEの職人が、独立して作ったメーカーだよ。(^.^)b

えでぃさん

どうもですm(- -)m

へぇ〜 そうやったんですね〜。。。
まだまだ色々興味持って調べないと”ギター馬鹿”への道のりは遠いですな。

My sister advised I might such as this website. He used to be entirely suitable. This text actually produced the time. You simply can't contemplate exactly how so much period I needed expended due to this facts! Thank you!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO GUITAR SHOW 続き:

« 自然体である事 | トップページ | 戦う人々 »