無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« バレンタインが呼んでいる! | トップページ | 世界平和 »

2013年2月17日 (日)

カップヤキソバ愛好会報告

カップヤキソバ愛好会報告
ヤキソバと言っても、焼そばな訳ではなく、焼きうどん。
しかも100%焼いてない。

でもしっかり認知されているのは、きっとマイケル富岡扮した『ヤキソバン』の功績が大きい。

ただやはりそんなしっかりとした市場を確保したカップヤキソバ市場に較べて、カップ焼きうどんは市場も狭く認知度も若干低い。

しかしこれ、結構旨いのです♪

一応 カップに注いだお湯を捨てると言う行為を伴うと言う点で、私の中ではカップヤキソバに属すると定義づけている。(スパゲッティ系は除く)

そんなに種類がある訳ではないこのカップ焼きうどんで、色んな情報を吸収し発信すると言うのは中々難しいのだが、私がこの世に生を受けた証しとなるよう尽力したいと思う。

とそんな事で今回の入手サンプルは『北九州小倉焼きうどん』

もうすっかり世の中で認知され市民権を得ている『Bー1グランプリ』ものだ。
確かに昨年小倉に泊まって居酒屋のにぃちゃんに小倉で食べといた方が良い物を聞いたら、焼きうどんを勧められた事を思い出した。

それはもう酔っぱらいまくった挙げ句ひたすら説教をされた後に食べた焼きうどんが美味しくない訳がない。
だから美味しかった事は覚えているが、どんな味だったのかは覚えていない。

だからこのカップ焼きうどんで(。。。そうだったのか。。。)と思うのだが、多分ソース味だったのだろう。。。
焼きうどんと言えば私的には少し甘い醤油の焼けた感じが良いと思うのだ。

どうしてもソースで焼きうどんは麺の太過ぎるヤキソバに思えてしまうのだ。
しかも焼いてないし。。。

私はヤキソバとそうめんとラーメンは麺が細いのが好みなので、やはり敢えてカップ麺でソース物焼きうどんと言うのは少し難しい気がした。

これが本当にうどん粉で練ったうどんを焼いてあれば間違いなく有りだろうけど。。。

こう言った名物再現物は手軽さ故にどこでその拘りに折り合いをつけるかが非常に難しい。

。。。と言うか、本物じゃないんだから文句あるんなら本物を食いに行けっちゅう話ですな。

ソースは甘口、批評は辛口のhetoでした。

« バレンタインが呼んでいる! | トップページ | 世界平和 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カップヤキソバ愛好会報告:

« バレンタインが呼んでいる! | トップページ | 世界平和 »