無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ノーミス | トップページ | 今週日曜です »

2012年11月12日 (月)

レタスチャーハンの謎

私は自他共に認める味音痴だが、食も含めて興味を持った対象に対する探求心は、恐らく一般的なレベルからすると非常に高い方だと思う。
但し逆に興味の無い対象に対する無関心さのレベルも尋常じゃないと周りから言われる。。。
幼い頃、変な方向にしつけられていたらもしかしたら『ストーカー』として立派に大成していたかも知れない。。。
ひたすら両親に感謝である。

話は少しそれたが、そんな味音痴な私でも、食べ物に対する美学があって『人の意見に左右される事なく旨いと思った物を食べる』のだ。
人が美味しいと言ったからと言う意見には流されない。なぜなら味音痴だから。

但しそこに向上心もあって、『その旨いと思う物をどうしたらより旨く食べれるか?他にどんなバリエーションで楽しむ事ができるか?』と言う探求心も忘れてはいない。

それが私がここでよく書いている研究会活動なのだ!

前置きが長くなりましたが。。。

その活動の1つ『チャーハン研究会』

そして今日のお題は『レタスチャーハン』
果たしてこのレタスの役割は何なんだろうか?
そして誰が『チャーハンにレタスをのせて売りにしよう!』と言い出したんだろうか?
キムチならわかる。
でもレタスはどうしても私にはピンと来ない。。。
レタスが温かい物の巻き添えを喰うのはマイナスにこそなれ、プラスにはならないと思うのだ。

レタスチャーハン擁護派の人達にとっては、脂っこいのがサッパリすると言うだろう。
だが本当にあの『熱と脂ににうなされた状態のレタス』を食べてサッパリするんだろうか?
それだったらサラダとして食べる方が断然サッパリするし、そもそも一緒にする事での背反はあれど、プラスに働く要件が見いだせないのだ。

あるとすれば、洗う食器数が減る事ぐらいだ。

しかしこの『レタスチャーハン』はおおよその店構え汚いこってり系中華料理屋にはレギュラーメンバとしてスタメン入りしている。

今日の昼に食べてしまったこの『レタスチャーハン』のお陰で、今日の午後は仕事が手につかないかも知れない。。。
そんな私既に『レタスチャーハン』に魅せられているのだろうか。

« ノーミス | トップページ | 今週日曜です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あの熱と油の間で困った顔してるレタスに萌えるんすよ~w

(≧∇≦)様
さてはレタスチャーハン(略してレタチャー)擁護派ですか?

あと私にとって味噌ラーメンにわざわざバターも理解不能。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レタスチャーハンの謎:

« ノーミス | トップページ | 今週日曜です »