無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 倍数 | トップページ | 電池切れ »

2012年8月29日 (水)

かりんとう研究会(伊勢うどん)

この夏休み伊勢に行ってきた。            
        


訳ではない。


お土産です。
『伊勢うどんかりんとう』
Dsc_0122

伊勢うどんと言えば、一見 濃い~伊勢醤油の甘辛いタレに漬けたうどんな訳ですが、もちろん うどんの食感のかりんとうではありません。
その伊勢醤油に漬けたかりんとうであります。


かりんとうの王道と言えば、黒糖の『あっま~い』(井戸田風)のが、ノーマルな訳ですが、これは伊勢醤油の甘辛風味のかりんとうです。

今までの研究事例からすると、かりんとうを辛い=甘くない方向に振る場合、七味等のとうがらし系が多いので、こう言った醤油系は 案外有りそうで無いのかも知れない。


ベースがうどんとかりんとうの違いがあるので、なかなか伊勢うどんを想像するのは難しいのですが、なんと実はこれかりんとうのベースはうどんを油で揚げてます。


つまりこれは大手製菓メーカーのよくあるお土産物の『・・風』で色んな物を混ぜこんで、出来るだけそれっぽくする事を狙ったのではなくて、折角の伊勢うどんのタレを何かお土産物に使えないか?しかもうどんもそのままお菓子として使うには?と言う発想から作った物と思われる。
だから伊勢うどんの味に似ている必要もなく、そのまま伊勢うどんのかりんとうなのである。
と言う意味で立派なご当地かりんとうと言える。

と言う事で、変わりかりんとうの調査報告でありました。


« 倍数 | トップページ | 電池切れ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かりんとう研究会(伊勢うどん):

« 倍数 | トップページ | 電池切れ »