無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 春は。。。 | トップページ | やばいかも。。。 »

2012年3月28日 (水)

小倉探訪

今日は6時の新幹線に乗って大分までお客さんのアテンドでありました。
仕事自体は午前中で終わり、午後は移動して中津駅で一緒に食事。
今日のお客さんは、人生的には大先輩なのですが、私の様な小僧にもすごく良くしてくださる方なのです。

そして少し遅めの食事を終えて、帰りの特急に乗る時に、以前行ったと言う 小倉の 有名だと言うラーメン屋さんの話を聞いた。すると丁寧に地図を描いて場所を教えてくれた。
今日は時間に余裕があったのもあり折角なんで、いつも電車を乗り換えるだけの小倉で降りてこのラーメンを食べに行くことにしたのであります。
一緒に行ったお客さん2人はどうしても晩早めに大阪に戻らなければならないと言うことだったので、誘ってはみたが、一緒に行きたいが今日はいけないのでまた今度小倉で美味しそうな店行きましょう!と言う事になった。

私はアテンドの身分でありながら、小倉駅でお二方を見送り別れ、初の『小倉探訪』となったのであります。

目的は教えていただいた本場の九州ラーメンだったのですが、昼が遅かったのもあって、まだあまりお腹が空いておらず、フラフラとみやげ物売り場などを散策して駅前の街中も探索。
Dsc_0063
大阪でもよくある光景ですが、『御礼』が気になって撮影。
若干コワい。場所が場所だけに。
お店の名前はほのぼのしてますが。

明太子で有名な福っさ屋も土産物売り場では観た事があるんだけど、普通に道路沿いに店舗があるっていうのは福岡ならではの光景。そして他にもやっぱりチェーン店じゃないラーメン屋が多い。もちろんほぼ とんこつ。
昔 新入社員研修で埼玉県の蓮田の寮に住んでいた頃、福岡出身者が何人か居て、埼玉県で食べるとんこつラーメンはまったくとんこつを感じない!と言っていた。
まさにその通り。今日みかけた殆どのラーメン屋はお店の前を通るとかなりの豚骨臭がする。お世辞にも良い臭いとは言えない。いやずばり臭い。。。しかもかなり強烈なレベル。
店構えが見えなくとも、ラーメン屋が半径10m以内にある事はわかる。

そんな感じで少しずつラーメンモードが高まって来たので、目的のラーメン屋に向かう事にした。
お店は小倉のアーケード街の中の一画にある『どトンコツラーメン 魅龍』と言うお店。
Dsc_0065_2
ここも例に漏れず かなりの豚骨臭。。。しかもこの日嗅いだ臭いの中では最もパンチ力があった。
これは半径10mどころではなく、30mくらいの破壊力だったのではないでしょうか?

やはり本場の中の本場はさすがに違う。
私はラーメンはかなりのこってりギトギト系を食べてきた自負があるが、このスープはおそらくダントツだと思う。

音楽で例えると。。。

。。。例えなくてもいいか。


お店の中は昭和のレトロ感満載な造りで、屋台ラーメンの空気感を基本にしているようです。
そして頼んだのは、このお店の中では最もノーマルチューニングと思われる「ラーメン」。
2TGエンジンで言えば、ボア85Φ、点火時期もいじってなければ、キャブも純正ソレックス40Φ、エアクリーナーBOXも純正の弁当箱付きと言った感じだろう。
そのラーメンがこれ(仮名:ノーマル2TGエンジン)


Dsc_0064
紅生姜とにんにくはテーブルに置いてあって入れ放題。しかもにんにくは自分で丸ごと1個潰す方式であります。
新幹線で帰るのでにんにくは泣く泣く我慢しましたが。。。

以前 とんこつラーメンの紅生姜は、本場の脂ぎったラーメンの口直し的な意味合いだと聞いた。
しかし普段私が大阪で食べるラーメンではそういう意味合いとして私は入れてなくて、どっちかと言うと豚骨スープにあの紅生姜感か美味しいからたっぷりと入れていた。
しかし今日は本当に言っている紅生姜の存在意義がわかった気がする。。。

スープもどっしりとした濃い〜〜豚骨スープでした♪私は好きです。こういうどっしりこってり系。
大阪だとこれに背脂を入れたりしてコッテリ感をブーストアップするんだろうけど、そんな物なくても十分でした。
まさにハードディストーション系のドロップDチューニングな感じ♪

そして折角なので、日本で一番最初に出来たというアーケード街の新幹線駅までの来た道と別のルートを散策。
仕事を離れて遊んでいる負い目を若干感じたので、会社にお土産を買って行こうと思いアーケード街をキョロキョロしていると、一軒の小さな 明太子と和菓子が並んでいるお店を発見。
会社に買っていくのでと思い、和菓子を見てみると河豚の形をした最中でした。

小倉・博多のお土産は新幹線待ちの間に結構たくさん見ているのですが、これは見たことがないと思い、お店に入ってみると やはりあまり駅の売店には置いてない物でしたが、ちゃんとした老舗のお菓子でした。
どうせ買うなら駅前で買えない物が良いと思っていたので即決定。
『河豚最中』であります。そうそう お店の名前は『梅園(うめぞの)』と言うお店であります。
何でも『農林大臣賞受賞』だとか。
まぁ河豚の形をしているから、小倉名産となっているのであって、餡は北海道産小豆な訳ですが。。。


P_imgfugukko

お菓子を詰めてくれる間、試食とお茶まで出してくれるという、このアットホーム感に、普段から淋しい生活、いやもはや寂しすぎる人生を送っている私は一発でやられました。。。また次も小倉で降りたら来ようと♪
アーケード街の事とか話をしていると、歴史の古いアーケード街だが、実態は 最近は老舗がみんな失くなり、チェーン店が殆どになって淋しいとか。。。

なんだかこの話を聞いて、お金じゃなくてやっぱり商店街だとか 個人のお店をもう少し見直してみよう!と心に思ったのであります。

初の小倉探訪はかなり興味深く、今度は泊まりで一人焼き鳥部の部活でもしたいなぁ〜などと思っております。

« 春は。。。 | トップページ | やばいかも。。。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小倉探訪:

« 春は。。。 | トップページ | やばいかも。。。 »