無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中華料理 | トップページ | 今から »

2011年4月 7日 (木)

もうすぐ1ヶ月

悪夢の様な地震と津波が発生してから、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。
テレビの映像も、精神的な事を気遣って あまりショッキングな映像も流さなくなり、また番組やCMもかなり正常に戻ってきました。
計画停電も予定はされるものの殆ど実施されることはなくなりました。
少しずつですが、復興しているのだと思います。

もしかすると、3週間前は 募金だ、献血だ、節電だと言っていた想いも、実は少し冷めてしまっている人もいるのではないかと思います。

今の映像の中心はやはり原発で、津波被害を受けた地域の方が2番目の様な感じも受けます。

しかし映像に映らない部分ではまだ色んな事が1ヶ月前のままです。


気がついたでしょうか?殆ど流れない自動車のCM。
日本の基幹産業のCMが流れていないのには、しっかり訳があります。

まだ殆ど 車を作れない状態のままなのです。しかも被災していない中部地区の巨大企業までが。
自動車産業の裾野は 想像を絶するほど広く、4次メーカー 5次メーカー、素材メーカーが 原発避難地域にあって工場が動かせないとか。。。巨大プラントが地震や津波でやられてしまい、そんな巨大プラントが1ヶ月で復旧できるはずもない。
そんな状態なのです。

しかし自動車業界が1ヶ月もほぼ停まるなんて事は今までもなかった話で、この1ヶ月は何千億円、いや兆の単位の動くはずのお金が停まっています。
お金と工場は停まっていても、従業員に払う給料はしっかり存在している訳で、これ以上長引いてお金が動かないと本当に 潰れてしまう会社、特に2次3次の中小企業はきっと資金調達に困るでしょう。
大きな会社は 恐らく人員に手をつけざるを得ないでしょう。

このまま停まっている訳にはいかないので、代わりに同じ物を作る事ができる企業を探し、できるだけ短期間でそれが問題無いことを確認できる方法を探し、少しでも早く車を作れる状態になるよう 業界は必死です。

この夏にはまた計画停電が活発化すれば、さらに経済は停まるでしょう。

リーマンショック以上の状況もあながちハズレではないかもしれません。。。


まだこれ以外にも色んな所で 表に出ないまま 被災した状態のままの人達がたくさんいるのだと思います。

それに廻りみんなが気がつけ!という事を言っても何も変わらる訳ではないので、今出来る事は 贅沢をする必要はないけど みんなが地震前の”普段”に戻って誰かの為ではなく、自分の為に元気で明るくいなければならないのでしょう。


でも正直 大変です。。。いま。。。ほんと。。。

« 中華料理 | トップページ | 今から »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ1ヶ月:

« 中華料理 | トップページ | 今から »